メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

痴漢に「刻印」護身用スタンプ開発へ シヤチハタ「本気です」 ネットで反響「証拠になる」

シヤチハタの主力商品で朱肉要らずの「ネーム9」=同社提供

 痴漢を安全ピンで撃退することを勧める内容のマンガがツイッターに投稿されて賛否を呼ぶ中、ネット上に「『痴漢』という判子を押して撃退しては」というアイデアが書き込まれた。これを受け、文具メーカーの「シヤチハタ」(名古屋市)が公式ツイッターで「早期に対応できるようにします。ジョークではなく、本気です」と護身用スタンプの開発を検討することを明らかにした。【山口朋辰/統合デジタル取材センター】

 マンガは、電車で痴漢に遭って「声が出せなかった」と相談した中学生に、養護教諭が「無理に声を出さなくていい。でも耐えることだけはダメ」と安全ピンで刺して撃退することを勧める。そのうえで「痴漢している時点でそいつはクズ」「変態に慈悲はない」と話した――という内容。16万件以上の「いいね」が寄せられている一方で、過剰防衛との指摘や、「冤罪(えんざい)だったらどうするんだ」など否定的な意見もあり、論争に…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文893文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  5. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです