ドラフト2位以下の指名方式変更へ セ・パ1年おきに優先権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
昨年のプロ野球ドラフト会議=竹内紀臣撮影
昨年のプロ野球ドラフト会議=竹内紀臣撮影

 日本野球機構(NPB)は、プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議について、今秋から2位以下の指名方式を変更することに決めた。27日、関係者が明かした。昨年までセ、パ交流戦で勝ち越したリーグに指名の優先権が与えられていたが、交流戦の成績に関わらず、今年はセ、来年はパと1年おきに優先権を得られる方式に変…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文379文字)

あわせて読みたい

ニュース特集