特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京・わたし

多様性と新しい価値観 ジャーナリスト・青島健太さんが考える東京五輪の意味

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
青島健太氏=東京都港区で2019年5月20日午後1時55分、宮本明登撮影
青島健太氏=東京都港区で2019年5月20日午後1時55分、宮本明登撮影

 活字、テレビ、講演など、あらゆるメディアを通じてスポーツの魅力、醍醐味(だいごみ)を紹介している青島健太さん。2020年東京五輪では、新しく採用された競技・種目の中に注目すべき価値観を見つけられると話します。【聞き手・神保忠弘】

ロス五輪はつらい記憶

 ――最初に記憶にある五輪は?

 ◆いま61歳ですから、1964年の東京オリンピックは記憶に残っています。それまで我が家にテレビはなかったのですが、父親が奮発して、大会前の夏過ぎぐらいに届いた。家族みんなで、箱形のテレビに4本の脚をぐるぐるひねって差し込んで……。テレビと同時にオリンピックが来た。その後のメキシコ、ミュンヘン、モントリオール、モスクワ(日本は不参加)も、その時々の私自身の活動と一緒に思い出します。出場しない人でも、人生の彩りの一ページとして記憶に残るのがオリンピックの力ですね。

この記事は有料記事です。

残り4278文字(全文4651文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る