メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AZrena

サッカー代表戦で100席限定!ゲーム要素も交えた新たな観戦体験

情報提供:アズリーナ

近年は最先端テクノロジーを活用した新たな観戦体験が、各競技で導入されています。2019年3月26日にノエビアスタジアム神戸で開催された「日本vsボリビア」の一戦では、100席限定のある試みが行なわれました。

ボリビア戦では、スタジアムの一部シートにタブレットを設置し、様々な角度からのカメラ映像観戦や、スタッツを用いた試合結果の予想、ハーフタイム中に楽しめるARゲームなどが用意されました。

この取り組みは、日本サッカー協会(JFA)とキリン、KDDIの3社が5G時代を見据えて導入した「XRテクノロジー」の第1弾企画となっています。このXRとは、AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、MR(複合現実)などの技術を一括りにした表現です。

サッカー日本代表の親善試合である「キリンチャレンジカップ」ですが、今後はXRテクノロジーの導入を“チャレンジ”する場としても活用されそうです。


情報提供:アズリーナ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  2. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  3. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  4. 東京選挙区、共産現職の吉良氏再選
  5. コトバ解説 「衆議院」と「参議院」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです