メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

スマホで急増? 子どもの内斜視 毎日4時間超「もの二重に」

イラスト・日比野英志

 スマートフォンやタブレット端末の普及で「急性内斜視」になる子どもが増えているのではないかと、医師たちが調査に乗り出した。内斜視は片方の黒目が内側に寄ったまま戻らなくなる症状。発症すると子どもにどんな悪影響があるのだろうか。【和田浩幸】

 「ものが二重に見えるようです……」。浜松市の浜松医科大付属病院では最近、急性内斜視の子どもを連れてくる親が目立つ。もともと未成年に多い症状だが、年間2~3人ほどだった患者数は3年前から10人前後で推移しているという。

 主な症状は両目の視線が一致せず、ものが二重に見えてしまう「複視」で、遠近感をつかんだり、立体感を捉えたりすることが難しくなる。脳の異常やストレス、強い近視などから突然発症するとされるが、近年はデジタル機器が引き金になっているのではないかと疑われている。

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文920文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  2. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  3. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  4. 東京23区封鎖と全員PCR検査を

  5. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです