メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

小説家・田中慎弥さん 暇もないが窒息もしない

作家の田中慎弥さん=東京都渋谷区で、藤原章生撮影

 4年前、長年暮らした山口県下関市の実家を初めて離れ、今は東京に住んでいます。作家はどこにいても仕事ができるから地方でもいいんですけど、(2012年に)芥川賞をもらって余裕もできたし、まだ40代なので一回こっちに出てきてみようと思ったんです。

 地元にいると文化人や名士の集まりに呼ばれたり、市役所や新聞社の人にちやほやしてもらえたりするんですけど、作家として自分がどう見られているかとか、私の小説への批判とか、私が言ったことにストレートに何かを言ってもらう機会があまりなかったんです。

 下関は人口27万人くらいの中規模都市ですが、「中央が悪い」「小泉郵政がひどかった」といったわかりや…

この記事は有料記事です。

残り1482文字(全文1774文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港デモ 白シャツ集団、参加者襲撃 反対派と逆のカラー
  2. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  3. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  4. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  5. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです