メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外宮迫さんら処分撤回 吉本興業社長が表明
ウラカタ

勧善懲悪、スパイスも利かせ 「歌舞伎町弁護人 凛花」プロデューサー 森田昇さん

「歌舞伎町弁護人 凛花」プロデューサーの森田昇さん=松尾知典撮影

 BSテレ東で4月から放送中の連続ドラマ(土曜深夜0時)。東京の新宿・歌舞伎町を舞台に、弁護士の美鈴凛花(朝倉あき)の奮闘を描く。毎話変わる依頼人のキャバクラ嬢やホストらは、ストーカーやセクシュアルハラスメントの被害や、愛人契約などの難題を抱え、現代社会の「暗部」をえぐり出している。「善は善、悪は悪という作品を作るのがもともと好き。今回は、今どきないくらいの勧善懲悪で、見やすい作品ができたと思う」と自信を持つ。

 同名漫画が原作。ドラマは、東京・六本木の法律事務所で活躍していた凛花が、弁護士の父の失踪を機に、父…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文764文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  3. エンタメノート 「吉本が悪い」果たして本当か 宮迫さん・亮さんの涙もう見たくない
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. 松本人志さん、吉本社長に会見必要と訴える テレビ生放送で明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです