メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人実習生

道内企業・団体、昨年受け入れ1万人超 7年連続増加 日本語通信教育に力も /北海道

 道内の企業・団体が外国人技能実習制度で昨年受け入れた実習生の人数が、道が2006年に調査を開始して以来、過去最高の1万32人(前年比1530人増)に上ったことが分かった。増加は7年連続。農業や水産業を中心に深刻な人手不足が背景にあるとみられる。

 調査は今年1~2月に外国人技能実習生を受け入れて企業にあっせんしている管理団体の農協、商工会議所、商工会など、さらに単独で受け入れている企業の計269団体を対象に実施した。回答数は244団体。128団体が外国人実習生の受け入れ実績があると回答した。

 業種別では、食料品製造業が5357人(前年比509人増)で最も多く、農業2765人(同324人増)…

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 広島の鈴木と新体操元五輪代表の畠山さんが結婚へ「力合わせ共に歩む」

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです