メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とうほく彩発見/青森

選挙土壌の決定的変化=高橋興さん /青森

 <TOUHOKU SAIHAKKEN> 

地域の危機示す低投票率 高橋興さん(青森中央学院大経営法学部教授)

 統一地方選が終わり、青森県でも新聞各紙はこぞって「投票率史上最低」と伝えた。

 かつて青森県では、有権者に身近な市町村長選挙や議員選挙ほど過熱し、投票率が90%台後半になるのが普通だった。その一方、特に津軽地域で全国ニュースになるような選挙違反事件が多く起きた。それが他県でも行われる買収・供応などの違反と明らかに違うことを、報道機関が一言で分かるように使い始めたのが「津軽選挙」である。

 私は1988年に、「津軽選挙-地方政治における権力の構造-」という本を書いた。その内容は、津軽選挙…

この記事は有料記事です。

残り1303文字(全文1601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ケ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈りささげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです