メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とうほく彩発見/青森

選挙土壌の決定的変化=高橋興さん /青森

 <TOUHOKU SAIHAKKEN> 

地域の危機示す低投票率 高橋興さん(青森中央学院大経営法学部教授)

 統一地方選が終わり、青森県でも新聞各紙はこぞって「投票率史上最低」と伝えた。

 かつて青森県では、有権者に身近な市町村長選挙や議員選挙ほど過熱し、投票率が90%台後半になるのが普通だった。その一方、特に津軽地域で全国ニュースになるような選挙違反事件が多く起きた。それが他県でも行われる買収・供応などの違反と明らかに違うことを、報道機関が一言で分かるように使い始めたのが「津軽選挙」である。

 私は1988年に、「津軽選挙-地方政治における権力の構造-」という本を書いた。その内容は、津軽選挙…

この記事は有料記事です。

残り1303文字(全文1601文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  3. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  4. 明石市が養育費「泣き寝入り」救済条例を検討 市が支払いを命じ、従わない場合は氏名公表も

  5. 千葉大 年間授業料10万円引き上げ 20年度入学から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです