メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマート農業

実証開始 省力化、高収益化目指し 男鹿、ICTで小菊生産管理 大仙、GPSで田植え効率化 /秋田

ビニールハウスで一輪菊の苗を植える男鹿・潟上地区園芸メガ団地の吉田洋平さん。屋外での小菊栽培が産地のブランド力を上げると期待している=秋田県男鹿市で

 男鹿市の菊農園で農業機械やICT(情報通信技術)などを使って省力化や高収益化を進める「スマート農業」の実証が始まった。露地での小菊の栽培で2年後に作業時間を従来比で3割減らし、需要期の盆や彼岸に収穫量の9割の出荷を目指す計画だ。生産者たちは「産地のブランド力を上げたい」と意気込んでいる。【中村聡也】

 同市船越地区。農道を進むと計20棟のビニールハウスが並んでいた。県が2014年に整備した「男鹿・潟…

この記事は有料記事です。

残り1164文字(全文1365文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです