琵琶湖周航の歌資料館

残して 住民ら「現在地で」願い陳情 高島 /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
花々で彩られた琵琶湖周航の歌資料館。手前は歌の原曲ゆかりのヒツジグサの水鉢=滋賀県高島市今津町で、塚原和俊撮影
花々で彩られた琵琶湖周航の歌資料館。手前は歌の原曲ゆかりのヒツジグサの水鉢=滋賀県高島市今津町で、塚原和俊撮影

 琵琶湖周航の歌が生まれた地を象徴する高島市今津町にある市の「琵琶湖周航の歌資料館」の「機能移転」を進める市に対し、地元住民が28日、現在地での存続を求める陳情書を福井正明市長あてに提出した。市議会には市の説明会開催を求めて請願書を提出した。

 住民は「琵琶湖周航の歌資料館を守る会」(西川あい子会長)を組織して今年3月、署名活動を開始。1862人分が集…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文442文字)

あわせて読みたい

注目の特集