メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

災害情報

気象台と県、警戒レベル付記 5段階表示、適切な避難へ /和歌山

和歌山地方気象台や県が災害時に公表する、河川の洪水予報の例。かっこ書きで警戒レベルが付記されている=同気象台の資料より

 和歌山地方気象台と県は29日から、共同で発表する土砂災害警戒情報や指定河川洪水予報などに、危険度を5段階で示す「警戒レベル」を付記する。内閣府のガイドラインに基づいた措置で、住民が取るべき行動を分かりやすくして避難を促す狙いだ。今後は県内の各自治体も、避難勧告などの情報に危険度を付け加える。【黒川晋史】

 これまでは気象台の出す警報や、自治体が出す避難勧告など発表情報の数が多く、住民がどんな行動をとれば…

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 中央線が再開 喜ぶ山梨県民 中央道も昼に開通

  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  5. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです