メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ギャッベ展

イランじゅうたん、美しく色合い穏やか 和歌山で展示販売、来月2日まで /和歌山

さまざまな色合いの作品が見られる「イランからの贈り物 アートギャッベ200枚展」=和歌山市下町の総本家タンスで、山成孝治撮影

 南ペルシャ(イラン)の女性たちが丁寧に手織りしたじゅうたんで、ユネスコの世界無形文化遺産に登録されている「ギャッベ」のうち、芸術性の高いものを集めた「イランからの贈り物 アートギャッベ200枚展」が25日、和歌山市下町の本家貴志タンスで始まった。穏やかな色合いの美しいじゅうたんが展示販売されている。

 11年前に始まり、今回で18回目。横浜市を拠点にギャッベの輸入を手がけている波多野透さん(31)が…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです