メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

「違憲」 賠償請求は棄却 仙台地裁判決

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制され、憲法13条が保障する「性と生殖に関する権利(リプロダクティブ権)」などを侵害されたとして、宮城県の60、70代の女性が起こした国家賠償請求訴訟の判決で仙台地裁は28日、旧法を憲法違反と認定した。中島基至(もとゆき)裁判長は「旧法に基づく不妊手術は子を望む者の幸福を一方的に奪うもので、権利の侵害は極めて甚大だ」と指摘した。その一方で、国会が被害者救済の法制度を整備しなかったことは違法だと認めず、2人の請求を棄却した。【遠藤大志、伊藤一郎】

 原告は控訴を検討する。同種訴訟は7地裁で20人が起こしており、今回が最初の判決となった。子を産み育てるかどうかを自ら意思決定するリプロダクティブ権を憲法13条の権利として認めた司法判断は初めて。

この記事は有料記事です。

残り1439文字(全文1786文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです