メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
陸上

世界選手権 マラソン代表、川内ら6人 競歩は鈴木ら4人

 日本陸上競技連盟は28日、東京都内で理事会を開き、世界選手権ドーハ大会(9~10月)のマラソンと50キロ競歩の代表を決めた。マラソンは今春、公務員からプロに転向した川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)ら男女各3人、競歩は男子20キロ競歩世界記録保持者の鈴木雄介(富士通)ら男女計4人が選ばれた。

 マラソンの代表選手は、いずれも出場権を持つ9月15日の2020年東京五輪マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」を辞退し、世界選手権を優先した。4回目の代表となる川内以外は、いずれも初の代表。瀬古利…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文653文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです