メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊訴訟 被害者、願い届かず 賠償なき判決に失望

判決後の記者会見を終え壇を降りる飯塚淳子さん=仙台市青葉区で2019年5月28日、和田大典撮影

 障害のある人もない人も強制不妊の対象にした旧優生保護法について、「憲法違反」だと明確に認めつつ、原告の賠償請求を退けた28日の仙台地裁判決。国策によって尊厳を奪われてきた人々の「国の責任を認めて」という切なる願いは届かなかった。被害者による国家賠償請求訴訟で初めての判決だっただけに、原告や弁護団の間には深い失望と憤りが広がった。【上東麻子、滝沢一誠、岩崎歩】

 「原告らの請求をいずれも棄却する」--。法廷で中島基至(もとゆき)裁判長が判決の主文を読み上げると…

この記事は有料記事です。

残り3028文字(全文3259文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 大麻所持 容疑で愛知の少年逮捕 岐阜中署 /岐阜
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです