メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

マクロスファン必見の豪華特典が満載! パイオニアのハイレゾプレーヤー「XDP-20」に“マクロス”コラボモデル(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

オンキヨーは、ハイレゾ音源の再生に対応したパイオニアブランドのデジタルミュージックプレーヤー“private”「XDP-20」と「MACROSS CROSSOVER LIVE 2019」とのコラボレーションモデルを予約販売します。予約受付期間は2019年5月31日15:00から2019年7月31日15:00まで。発送は2019年10月下旬以降。本体カラーはネイビーブルーとピンクの2色で、価格は3万5000円(税込・送料込)。

 

private XDP-20は、Round fitデザインをコンセプトにしたコンパクトなハイレゾ再生対応のポータブルプレーヤー。カバンやポケットに入れやすく、手になじみ操作しやすいラウンドフォルムが特徴です。

 

今回のモデルは、6月1日~2日に千葉・幕張メッセで開催されるイベント「SANKYO presents MACROSS CROSSOVER LIVE 2019 at 幕張メッセ」とコラボしたもの。正面右下に、象徴的な名言を印刷しているほか、「SANKYO presents MACROSS CROSSOVER LIVE 2019 at 幕張メッセ」のロゴを背面に印刷。オーディオアクセサリーブランド「武蔵野レーベル」で特注された専用レザーケースに加え、専用クリアケースも付属し、本体背面のデザインと組み合わせて楽しめるデザインとなっています。

 

パッケージは本体と各専用ケースを同梱したオリジナル仕様で、「SANKYO presents MACROSS CROSSOVER LIVE 2019 at 幕張メッセ」の為に描き下しされた2種のイラストを使用。また、プレーヤーにはオリジナルUIを搭載するほか、2種類の壁紙を内蔵しています。さらに、購入者には画面保護ガラス「DPA-DT021B1」がプレゼントされます。

 

このコラボモデルは、5月31日より東京・秋葉原にある同社のショールーム「ONKYO BASE」で実機が展示され、試聴も可能。期間内に来場すると、過去に同社で使用されたマクロスのイラストのステッカーがプレゼントされます(5月31日~6月30日まで/無くなり次第配布終了)。

 

また、ハイレゾ音源配信サイトe-onkyo musicでは、「SANKYO presents MACROSS CROSSOVER LIVE 2019 at 幕張メッセ」の開催を記念してツイッターキャンペーンを開催中。e-onkyo musicでは、「マクロス」の各音源をハイレゾ配信しており、本モデルやハイレゾ再生対応機を組み合せて再生することで「マクロス」の高音質な楽曲を楽しめます。

 

マクロスシリーズのファンなら見逃せない豪華な内容となっていますので、気になった方はお早めに予約してみて下さい。

 

【関連記事】
AI技術で音質をリアルタイム制御する――進化したワイヤレスNCヘッドホン「Elite 85h」
JBL伝統のホーンを搭載! 全6機種を揃えたスピーカーシステム「STUDIO 6シリーズ」
この発想はなかった! スマホに挿してペアリング&充電ができるワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeLace」

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 藤田菜七子騎手が中央重賞初制覇 女性騎手初

  2. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

  3. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  4. 中村哲さん銃撃後「誰も生きていないな」武装集団4人前後、計画的犯行か

  5. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです