ワンマン体質断罪 「創業者、強い影響力」 レオパレス施工不良問題で最終報告書

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
施工不良問題に関する外部調査委員会の最終報告書発表後、記者会見の冒頭で頭を下げるレオパレス21の深山英世社長(左から2人目)ら=東京都中野区で2019年5月29日午後5時半、竹内紀臣撮影
施工不良問題に関する外部調査委員会の最終報告書発表後、記者会見の冒頭で頭を下げるレオパレス21の深山英世社長(左から2人目)ら=東京都中野区で2019年5月29日午後5時半、竹内紀臣撮影

 「経営トップの意向ばかりが強く推し進められるワンマン体制に陥っていた」。賃貸アパート大手レオパレス21の施工不良問題で、同社の外部調査委員会は29日に公表した最終報告書で、創業者で元社長の深山祐助氏の強い影響力が問題の背景にあったと指摘した。同社は経営体制の刷新も発表して一定のけじめをつけた形だが、同社が施工したアパートのオーナーや入居者の不信感は払拭(ふっしょく)できておらず、信頼回復への道のりは遠い。

この記事は有料記事です。

残り1719文字(全文1924文字)

あわせて読みたい

注目の特集