施工不良 組織的と断定 建築確認申請偽る レオパレス外部調査委最終報告

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
施工不良問題に関する外部調査委員会の最終報告書発表後、記者会見の冒頭で頭を下げるレオパレス21の深山英世社長(左から2人目)ら=東京都中野区で2019年5月29日午後5時半、竹内紀臣撮影
施工不良問題に関する外部調査委員会の最終報告書発表後、記者会見の冒頭で頭を下げるレオパレス21の深山英世社長(左から2人目)ら=東京都中野区で2019年5月29日午後5時半、竹内紀臣撮影

 賃貸アパート大手レオパレス21は29日、施工不良問題を巡る外部調査委員会(伊藤鉄男委員長)の最終報告書を公表した。報告書は、屋根裏の仕切り壁を施工する意思がなかったのに、実際の施工と異なる建築確認申請を自治体に行い、建築基準法に基づく確認済証を「だまし取っていた」と組織的な関与を認定。また同社は、施工不良問題とそれに伴う業績悪化の引責で、創業家出身の深山英世(えいせい)社長ら社内取締役7人が6月27日の定時株主総会をもって退任すると明らかにした。

 宮尾文也取締役常務執行役員は予定通り30日付で社長に昇格する。これまで8人だった社内取締役は5人に減らす一方、3人いた社外取締役を5人に増やし、監督機能を強化する。最終報告書を受け、企業風土の改革のための組織改編や人事制度の見直しなどの再発防止策も明らかにした。深山氏は株主総会で取締役を退任し、相談役に就く。

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文855文字)

あわせて読みたい

注目の特集