メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スルメイカ漁、今季も厳しい予測 資源回復せず 来遊も遅れる見通し

 6月1日に解禁される今季のスルメイカ漁について、漁獲見通しに関する専門家の講演会が28日、北海道函館市内であった。近年、道南のスルメイカ漁は不漁が続いており、今季も現状ではそれほど資源が回復していない上、解禁後もイカの来遊が遅れる見通しが示された。

 漁業や水産加工業の関係者ら約200人が参加した。水産研究・教育機構日本海区水産研究所の宮原寿恵氏は、10~12月に生まれ、日本海を北…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文481文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです