メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャッと喜ぶ ネコと暮らすシェアハウス

ネコと暮らせるシェアハウスの「Qhouse」には3匹のネコと5人が暮らす=福岡市南区で2019年4月17日、徳野仁子撮影

 1人暮らしだけどネコを飼いたい。でも出張があるし、旅行にも行きたい。そんな“ネコ好き”の悩みに応えるのが、福岡市南区のシェアハウス「Qhouse(キューハウス)」だ。築40年以上の一軒家を改装。部屋を分け合い、みんなでネコの世話をして暮らす。シェアハウスは最近、増える空き家の活用例にもなっており、新たな試みとしても注目されそうだ。

 運営するのは空き室活用や内装デザインなどを手がける福岡リノベース。代表の江頭聖子さん(38)が会社員時代、東京でネコと一緒に1人暮らしをしていたときに、出張が多く世話に苦労したことからネコと暮らせるシェアハウスを考えた。

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文798文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プペルバスがやってくる 人気芸人西野さん絵本展 車内展示、県内8市巡る /島根

  2. 科学を政治のしもべにしてはいけない 菅政権による基本的人権の危機

  3. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  4. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  5. 南陽のラーメンPR 山形-静岡、週2回往復 丸富運輸、デザイントラック運行 /山形

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです