メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャッと喜ぶ ネコと暮らすシェアハウス

ネコと暮らせるシェアハウスの「Qhouse」には3匹のネコと5人が暮らす=福岡市南区で2019年4月17日、徳野仁子撮影

 1人暮らしだけどネコを飼いたい。でも出張があるし、旅行にも行きたい。そんな“ネコ好き”の悩みに応えるのが、福岡市南区のシェアハウス「Qhouse(キューハウス)」だ。築40年以上の一軒家を改装。部屋を分け合い、みんなでネコの世話をして暮らす。シェアハウスは最近、増える空き家の活用例にもなっており、新たな試みとしても注目されそうだ。

 運営するのは空き室活用や内装デザインなどを手がける福岡リノベース。代表の江頭聖子さん(38)が会社員時代、東京でネコと一緒に1人暮らしをしていたときに、出張が多く世話に苦労したことからネコと暮らせるシェアハウスを考えた。

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文798文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  4. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  5. 「月収7万円減」新制度開始 自治体の非正規職員から上がる悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです