メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沢ガニも食べた チンパンジー 食生態初確認 京大など

 西アフリカ・ギニアに生息する野生のチンパンジーが、沢にいるカニを日常的に食べていることを、京都大高等研究院の松沢哲郎特別教授(霊長類学)らの国際研究グループが世界で初めて確認した。これまでチンパンジーを含むヒト科の類人猿がカニを食べることは知られておらず、初期の人類がカニなどの水生動物を食べ始めた経緯を解き明かす上で役立つという。

 成果は29日、オランダの人類進化学専門誌「ジャーナル・オブ・ヒューマン・エボリューション」(電子版)に掲載された。

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文830文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この国に、女優・木内みどりがいた <21>DON’T FORGET FUKUSHIMA

  2. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです