モニタリングポスト撤去を撤回 規制委 福島で不安広がり

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
モニタリングポスト=福島県富岡町で、2017年7月、曽根田和久撮影
モニタリングポスト=福島県富岡町で、2017年7月、曽根田和久撮影

 原子力規制委員会は29日、東京電力福島第1原発事故後に福島県内に設置した放射線監視装置(モニタリングポスト)の大部分を撤去する方針を撤回した。県内で開いた住民説明会で、反対や不安の声が相次いだため。

 規制委は2018年3月、国設置のモニタリングポスト約3000台のうち、放射線量が低い地域の約2400台を20年度…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文394文字)

あわせて読みたい

ニュース特集