メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

川崎殺傷 「死ぬなら一人で」非難はやめて ネットでの呼びかけ、議論呼ぶ

児童らが刺された事件から一夜明けた現場で手を合わせる女性たち=川崎市多摩区で2019年5月29日午前7時57分、長谷川直亮撮影

 川崎市多摩区で28日、小学生らが刃物を持った男に襲われ19人が死傷した事件を巡り、生活困窮者支援のNPO法人代表理事が「(死亡した容疑者に対する)『死ぬなら一人で死ぬべきだ』という非難は控えてほしい」とネット上で呼びかけ、議論を呼んでいる。【塩田彩/統合デジタル取材センター】

 事件では、男がスクールバスを待っていた児童らを刺した後、自らの首を切って死亡。刺された女児や外務省職員の男性が死亡したことから、ツイッターなどで「他人を巻き添えにせず一人で死んでほしい」「迷惑だ」などの声が相次いでいた。

この記事は有料記事です。

残り2079文字(全文2329文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 男が逃走 大阪・吹田市
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  4. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  5. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです