メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

行き場なく「社会的入院」2割 被虐待児 障害抱え 小児科病棟調査

 全国395の医療機関で昨年1年間に虐待の疑いで入院した子ども1781人のうち、約2割の399人が家庭など受け入れ先がなく退院できない「社会的入院」を余儀なくされているとの調査結果を、民間の調査会社がまとめた。うち少なくとも2割弱が障害児らとみられ、1年以上の長期入院も15人いた。専門家は「心身の発達に問題があるため、医療的ケアや療育環境の整った障害児入所施設の充実や、養育できない親への支援が急務だ」と指摘する。

 厚生労働省の補助事業で、民間調査会社「PwCコンサルティング」が今年1~2月、小児科入院病棟がある935施設を対象に実施した(回答率42・2%)。その結果、昨年1年間で診察時に虐待が疑われた子どもは5116人。入院した1781人のうち「社会的入院」が399人いた。

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文842文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 国語学者・金田一秀穂さんが読む首相の「姑息な言葉」 すり替えと浅薄、政策にも

  2. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  3. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  4. 東山紀之さん、主演公演初日延期 テレ朝生放送も欠席 公演出演者らがコロナ感染

  5. 排せつ、セックスも赤裸々に… 半身不随になった「もののけ姫」の「2度目の人生」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです