メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害もつ3歳 帰れぬ自宅 いつでも退院できるのに… 

シャボン玉に歓声を上げるよっちゃん(手前)。病棟が忙しくない時、看護師が散歩に連れて行く=関東地方で2019年4月18日、上東麻子撮影(画像の一部を加工しています)

 虐待を受けた疑いで入院したが、親や施設など受け入れ先がなく、「社会的入院」を余儀なくされた障害児らは少なくない。児童虐待の相談件数が増え続ける中、親が育てられない障害児も急増しているが、里親など受け皿となる社会的養護の体制は依然として不十分なままだ。【上東麻子】

育児放棄 生後から病院

 「ほら、シャボン玉がいくよ」。看護師が吹いた無数の虹色の水泡がほおをかすめ、空に舞い上がると、3歳の男児、よっちゃん(仮名)は手足をばたつかせながら笑顔で歓声を上げた。四肢などに障害がある男の子で、親のネグレクトのため関東地方の病院に2年以上社会的入院をしている。

 生まれてから病院でしか暮らしたことがない。障害はあるが、今は医療的ケアはほとんど必要なく、いつでも退院できる。だが、両親が会いに来るのは数カ月に1度程度。病院側も愛着が持てるように看護師が作った写真入りの成長記録を見せたり、受け入れられるよう子育て支援を紹介したりするが、退院の話になると両親は話題を変え、帰ってしまうという。この病院で迎えた2回の誕生日にも来ることはなかった。

この記事は有料記事です。

残り2382文字(全文2848文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2カプセルを回収 地球帰還、豪砂漠に着地 JAXA発表

  2. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  3. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

  4. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  5. はやぶさ2、ISSからも撮影 野口聡一さんも観測「永遠なれ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです