メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「利便性」「肥大化」両刃の剣 NHK常時同時配信

NHKの受信料収入と支払率の推移

 NHKの番組を放送と同時に、インターネットでいつでも配信できるようにする改正放送法が、29日の参院本会議で成立した。視聴者にとって、スマートフォンで外出先でも番組を見られるなど利便性が向上し、放送と通信の融合が進む。ただ、NHKのネット事業拡大には肥大化を懸念する声が根強い。【屋代尚則、犬飼直幸】

 「放送と通信が融合する時代に、ネットも活用して多様な伝送路で番組を届け、信頼される情報の社会的基盤としての役割を果たしたい」

 改正法が審議された28日の参院総務委員会で、NHKの上田良一会長は、常時同時配信の意義を改めて強調した。NHKは、総合とEテレの番組を24時間ネットで常時同時配信するサービスに、放送後の番組を一定期間視聴できる「見逃し配信」も組み合わせ、今年度末にも運用を開始する方針。上田会長は、外出先でのスマートフォンによる利用者などを念頭に、「ライフスタイルに合わせて、いつでもどこでも必要なコンテンツや情報…

この記事は有料記事です。

残り2141文字(全文2554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  2. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 普天間とCハンセンで「ロックダウン」実施

  3. 軽ワゴンとデイサービス送迎車が衝突、5人死傷 滋賀・湖南

  4. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです