ゲノム医療幕開け がん関連遺伝子検査保険適用へ 差別には懸念

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
がんゲノム医療の流れ
がんゲノム医療の流れ

 患者の遺伝情報(ゲノム)を治療に生かす「がんゲノム医療」を巡り、厚生労働相の諮問機関、中央社会保険医療協議会(中医協)が29日、がん関連遺伝子を調べる「遺伝子パネル検査」について公的医療保険の適用を了承した。来月1日から保険が使えるようになる。手術や化学療法などで改善しなかった患者にとって新しいがん治療の幕開けは福音だが、効果が見込める患者はまだわずかだ。不十分な診療体制や遺伝子差別への懸念など、課題も山積している。【酒井雅浩、御園生枝里】

この記事は有料記事です。

残り3092文字(全文3315文字)

あわせて読みたい

注目の特集