メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゲノム医療幕開け がん関連遺伝子検査保険適用へ 差別には懸念

がんゲノム医療の流れ

 患者の遺伝情報(ゲノム)を治療に生かす「がんゲノム医療」を巡り、厚生労働相の諮問機関、中央社会保険医療協議会(中医協)が29日、がん関連遺伝子を調べる「遺伝子パネル検査」について公的医療保険の適用を了承した。来月1日から保険が使えるようになる。手術や化学療法などで改善しなかった患者にとって新しいがん治療の幕開けは福音だが、効果が見込める患者はまだわずかだ。不十分な診療体制や遺伝子差別への懸念など、課題も山積している。【酒井雅浩、御園生枝里】

「できる治療が一つずつ減っていくことが不安だった。遺伝子パネル検査で新しい薬が見つかり、治療を受けることができてうれしい。効果が続けば生きていける」。肺がんの一種、肺腺がんを患った清水佳佑さん(37)=大津市=はこう言ってほほ笑んだ。

 2000年代初めに登場した肺がん治療薬「イレッサ」が、特定の遺伝子に変異があると有効であることが分かり、がんの原因となる遺伝子を特定し、効果が見込める薬を選ぶ治療法が一般的になった。だが、費用など患者の負担を考えると、可能性の低い遺伝子まで検査を広げることは難しかった。パネル検査では、遺伝子を高速で読み解く装置「次世代シーケンサー」で100~300個ものがん関連遺伝子を分析し、変異がないか調べる…

この記事は有料記事です。

残り2775文字(全文3315文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  2. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  3. GoToトラベル、東京除外 都発着旅行や在住者 国交相、運用見直し表明

  4. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  5. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです