メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「容疑者と普段から接触がなく…」親族が市に複数回相談 川崎殺傷

多くのお菓子や花束などが供えられた事件現場で、手を合わせる人たち=川崎市多摩区で2019年5月29日午後3時、喜屋武真之介撮影

 川崎市で児童らが襲撃された事件で、同市は29日、自殺した岩崎隆一容疑者(51)の親族から相談を受けていたと明らかにした。いずれも80代の伯父、伯母との3人暮らしだったが普段から接触がなく、手紙で意思確認する状態で、引きこもり傾向にあったという。

 同市健康福祉局によると、2017年11月、別の親族から市精神保健福祉センターに相談の電話があった。伯父と伯母が介護サービスを受けるにあたり、ヘルパーらが家の中に入った場合、岩崎容疑者の反応を心配する内容だった。伯父、伯母と岩崎容疑者の間に会話はなかったとみられる。

 市職員は今年1月までの間に、伯父らと面接で8回、電話で6回の相談を重ね、伯父らに「意思を確認する手紙を(岩崎容疑者の)部屋の前に置いたらどうか」と提案した。市職員と岩崎容疑者との接触はなかった。

この記事は有料記事です。

残り872文字(全文1226文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  2. 寺で同性結婚式 指輪の代わりに虹色数珠 「性関係なく幸せに」 埼玉・川越

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  5. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです