メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国語と数学の試験時間を延長 大学入学共通テスト大綱案

大学入試センター試験と大学入学共通テストの違い

 大学入試改革の一環で、大学入試センター試験に代わって2020年度から導入される大学入学共通テストについて、文部科学省は29日、実施大綱案を有識者会議で示した。新たに記述式問題が導入される国語の試験時間は20分間、数学1・Aは10分間、現行よりも長くなる。実施大綱は6月上旬にも正式決定する。

 共通テストは現在の高校2年生から対象になる。案によると、試験日はセンター試験と同様に「1月13日以降の最初の土曜、日曜」で、初回は21年1月16、17日。

 国語と数学1・Aは、現行のマークシート式に加え記述式が導入されることに伴い、試験時間は国語が80分…

この記事は有料記事です。

残り908文字(全文1182文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  3. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです