厚労省が就職氷河期世代の就労支援 公的職業訓練に短期資格取得コースを新設

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 厚生労働省は29日、「2040年を展望した社会保障・働き方改革本部(本部長・根本匠厚労相)」を開き、「就職氷河期世代」に向けた就労支援プランを公表した。バブル崩壊後の就職難で非正規労働者の割合が高いことから、公的職業訓練の中に短期間で資格が取れるコースを新設することが柱。運輸や建設、農業など求人の…

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文350文字)

あわせて読みたい

注目の特集