メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンヌ映画祭便り

2019第12日 それがカンヌだ!としみじみ 韓国初の最高賞に「パラサイト」

フランス・カンヌで5月21日に行われた公式上映では、ポン・ジュノ監督(左端)のほか、主演のソン・ガンホさん(右端)らがレッドカーペットを歩いた=(C)2019 CJ ENM CORPORATION,BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

 誰もが納得のパルムドールでした。

 カンヌ国際映画祭は12日目の25日、ポン・ジュノ監督の「パラサイト」が最高賞のパルムドールを受賞して閉幕しました。現地で「文句なしに面白かった」と人気のあった作品です。映画祭の賞は、必ずしも評判とは一致しないことが多いものだけに、報道関係者の間には少し拍子抜けした気分はあったものの、「いい結果だったね」と快く祝福するムードが漂っていました。

 毎年、授賞式は最終日の夜に開かれます。場所はコンペティション部門の公式上映会場でもあるリュミエール大劇場。公式上映の時と同様、著名人の出席者は入場時に正面のレッドカーペットで紹介され、カメラマンのフラッシュを浴びながら、ゆっくりと会場入りします。

この記事は有料記事です。

残り1744文字(全文2057文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 誰にも知られず3カ月で消えた命 父不明、トイレ出産、出生届もなく…孤立した母

  4. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです