メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ギリシャの海底からNGOが廃棄漁網2トン回収、糸に再生

 ギリシャ北部の海底で、海洋生物に悪影響を与える恐れのあるプラスチック製の廃棄漁網2トンが、同国とオランダのダイバーにより回収された。18日に撮影、提供写真。(2019年 ロイター/Areti Kominou/Ghost Fishing Greece/Handout via REUTERS)

[PR]

 [アテネ 28日 ロイター] - ギリシャ北部の海底で、海洋生物に悪影響を与える恐れのあるプラスチック製の廃棄漁網2トンが、同国とオランダのダイバーにより回収された。

 北海、アドリア海、地中海の廃棄物処理と再利用を手掛ける非政府組織(NGO)「ヘルシー・シーズ」によると、Stratoni地域の沿岸部で回収された廃棄漁網は糸にリサイクルされる予定だ。

 ヘルシー・シーズは2013年以来、海底から453トンの廃棄漁網を撤去した。毎年海に放置されている漁具は約64万トンに上るという。

 漁網は生分解されないプラスチックでできているため、何百年も海に残留して海洋生態系を乱す危険がある。

 ギリシャの海にはウミガメ、アザラシ、イルカなど多くの絶滅が危惧される生物が生息している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  3. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. 千葉・東庄の障害者施設 58人の集団感染 利用者26人、職員32人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです