外遊び

小学生7割せず 地方も都市部も放課後共通 「大人が促す必要」 千葉大研究室調査

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 小学生の7割以上が放課後に外遊びせず、1割以上が遊ぶ友達が一人もいない--。千葉大の木下勇研究室が児童2986人を対象に調査したところ、多くが外で遊んでいない実態が浮かんだ。木下教授(都市計画学)は「放っておけば子供が遊ぶ状況ではない。外遊びを促す社会的介入が必要だ」と話す。【小林多美子】

 調査は、2017年度に宮城県気仙沼市で全小学生に行い1847人から、18年度に千葉市の小学校1校で行い425人から、それぞれ回答を得た。いずれも書面で調査した。

 気仙沼市では、76%が「平日に外で遊ぶ日」を「0日」と回答。放課後に遊ぶ友達の人数は「誰もいない」が18%、「1~2人」が29%だった。遊ぶ場所(複数回答)は「家の中」が85%、「山・林」が6%、「川・水路、池」が8%で、自然の中で遊んでいる子供は少なかった。

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文722文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集