メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

被災地のパン屋さん

 被災地のパン屋さんが地域の「潤滑油」になっている。小笠原辰雄さん(67)は岩手県釜石市鵜住居(うのすまい)地区で「あんでるせん」を家族3人で営む。音楽を鳴らし、車で移動販売もしている。

 東日本大震災の津波でローンの残っていた自宅や工場を流失した。仮設店舗で営業を再開し、昨年2月に自宅と店を再建した。移動販売の常連客には「買い物弱者」のお年寄りが多い…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  3. 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」など製作 京都アニメーション
  4. 確保の男「パクリやがって」警官に恨み言 京アニ火災
  5. 「京アニ」火災 複数死亡20人不明 「放火した」男を確保 京都・伏見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです