メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
いわて人模様

盛岡中央高校野球部監督・奥玉真大さん(44) /岩手

奥玉真大(まさひろ)さん(44)

 富士大学(花巻市)野球部でコーチや助監督を務め、西武ライオンズの山川穂高選手や外崎修汰選手らをプロに送り出した。野球の指導者として華やかな実績を残しているが、これまでの人生は苦難の連続だった。

 宮城県気仙沼市で生まれ育った。中学1年で大阪の名門・PL学園に入り、高校時代は甲子園にも出場した。東北学院大学、社会人と野球を続けたが、25歳で地元に帰り、家業の酒店を継ぐ。だが、東日本大震災で自宅と店を失った。

 富士大野球部でコーチや助監督になったのはその翌年から。でも「家族との時間を増やしたい」と2017年…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文760文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  2. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです