メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手塚治虫さん

直筆原稿300枚 県近代美術館で企画展 来月15日から /茨城

サンデー・コミックス「ジャングル大帝」第1巻(1966年1月1日発行)表紙絵((C)手塚プロダクション)

 「マンガの神様」と称される手塚治虫さん(1928年~89年)の直筆の原稿約300枚を紹介する企画展「生誕90周年記念 手塚治虫展」が6月15日から、県近代美術館(水戸市千波町)で始まる。熱心なファンから手塚作品を知らない世代まで、広く楽しめる内容となりそうだ。

 全国を巡回する企画展の一環。昨年迎えた手塚さんの生誕90年を記念し、制作会社「手塚プロダクション」(東京都新宿区)が企画した。これまで福岡県で2度開催され、3度目の今回は関東で初開催となる。

 会場に並ぶ作品は、「鉄腕アトム」や「ジャングル大帝」をはじめ、「ブラック・ジャック」「リボンの騎士…

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです