メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域食堂

多世代交流、「食」で元気に 栄養士らのNPO、鴻巣で月1回開設 /埼玉

提供された夕食を味わう親子ら=埼玉県鴻巣市中央の関東福祉専門学校で

 鴻巣市の栄養士らによるNPO「にこにこmama’s」が今月、子供から高齢者まで多世代が交流できる地域食堂「まちのごはんやさん」をオープンした。地域コミュニティーの場を作ることで、子供の食育や貧困家庭の食事改善、高齢者の孤立化防止を目指す。当面は月1回、鴻巣市内で既存の施設を借りて開く方針で、高橋亜紀代表(39)は「栄養士である強みを生かし、食を通じて地域を元気にしたい」と話す。【大平明日香】

 「にこにこmama’s」は2015年、高橋さんが栄養士仲間と設立した。高橋さんは老人福祉施設や保健…

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文821文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  3. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  4. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

  5. 東京五輪、空手マットを1円落札 組織委、金額伏せる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです