メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

群馬・館林 ニガウリ 地の利を生かし特産に 夏バテ防止の健康野菜 /東京

ビニールハウスで栽培しているニガウリの育ち具合を確認する内田邦雄さん=群馬県館林市で

 ニガウリといえば、沖縄の「ゴーヤー」を思い浮かべがちだが、実は夏が暑いことで知られる群馬県館林市が本州では先駆けとなった有数の産地である。露地栽培に加えて、ビニールハウスの普及で4月から出荷が始まっている。地の利を生かし、新鮮なニガウリを首都圏の食卓に届けている。【馬渕晶子】

 館林駅から南へ車で約10分。ニガウリ農家の内田邦雄さん(71)の畑を訪ねた。

 ビニールハウスに入ると、苗からつるが網にはって延び、青々としたニガウリの実がぶら下がっている。長さ…

この記事は有料記事です。

残り1050文字(全文1278文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです