待機児童

大阪市、9割が障害児 保育士や看護師足りず /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大阪市は29日、待機児童28人(4月1日現在)について、約9割にあたる25人が障害児であることを明らかにした。同日開かれた市待機児童解消特別チーム会議では、さらなる受け入れに努めていく方針が確認された。

 待機児童は今月半ばの速報値で29人だったが28人になった。うち障害を持つ子は、1歳児4人▽2歳児2人▽3歳児9人▽4歳…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文406文字)

あわせて読みたい

注目の特集