メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から

ピースウォーク明石 空襲の戦跡訪ね10年目 来月最終回、市民ら延べ350人参加 /兵庫

明石空襲で犠牲になった学徒動員の学生らを慰霊する地蔵尊を訪れた「ピースウォーク明石」参加者ら=兵庫県明石市川崎町で2018年6月、浜本年弘撮影

 太平洋戦争末期にあった明石空襲の戦跡を訪ねる毎年恒例の「ピースウォーク明石」が、6月1日の10回目で最終回を迎える。戦禍の現場で空襲体験者が惨状と平和の尊さを語る場面もあり、これまでに高校生を含む市民ら延べ350人以上が参加した。主催団体メンバーは「達成感は大きい」と、節目を一区切りにする。【浜本年弘】

 主催の市民団体「ピースネット明石」は、市民、労組などが党派を超えて協力。「平和を願う人と人とのネットワーク」づくりを掲げ、訪ね歩きは2010年から始まった。

この記事は有料記事です。

残り1220文字(全文1452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDIも携帯割安プラン導入 20ギガ4000円弱で調整 月内に公表

  2. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです