農業研修

アジアなど行政関係者、丹波篠山で /兵庫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
農事組合法人「丹波ささやま おただ」の岸本久芳・代表理事組合長(右)から農業機械の説明を受ける研修生ら=兵庫県丹波篠山市小多田で、丸井康充撮影
農事組合法人「丹波ささやま おただ」の岸本久芳・代表理事組合長(右)から農業機械の説明を受ける研修生ら=兵庫県丹波篠山市小多田で、丸井康充撮影

 稲作の技術向上や生産拡大、生産性向上のため各地で研修しているアジアとアフリカからの行政関係者11人が29日、丹波篠山市を訪れ、同市小多田で地元の営農組合関係者から機械の共同利用や共同作業を行う集落営農などについて学んだ。

 JICA(国際協力機構)筑波では1961年から「稲作分野研修コース」を実施。昨年、同市の森本秀樹・農都創造政策官がJICA筑波で講義したことが縁となって研修先の一つになった。

 アフガニスタンやミャンマー、ガーナやウガンダといったアジア、アフリカ諸国からの一行は2~11月、全国各地を訪れ、日本での農業研修を通して、人口増で農業生産が追いつかないという課題解決の参考にする。

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文638文字)

あわせて読みたい

ニュース特集