メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

職員の旧姓使用

9市町で規定設けず 多くが「申し出ないため」 /愛媛

 県と県内20市町のうち、職員の旧姓使用に関する要綱などの規定を設けていない自治体が9市町に上ることが毎日新聞の調査で判明した。申し出があれば旧姓使用を認めている市町もあるが、専門家は規定などに明記すべきだと指摘する。総務省は2017年、旧姓使用を認める規定を設けるよう都道府県を通じて各市町に要請しており、早急な対応が求められる。【花澤葵】

 5月中・下旬に県と県内20市町に取材したところ、規定を設けているのは県と11市町にとどまり、市では▽宇和島▽大洲▽四国中央--の3市で規定がなかった。大洲市は規定はなかったが実際に職員が旧姓を使用した実績はあった。

この記事は有料記事です。

残り1536文字(全文1815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです