メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

のべおか第九演奏会

今年の概要発表 ドイツに焦点、ソリストも 合唱団員増へ目標140人 12月14日開催 /宮崎

今年の演奏会の開催方針などを説明する今村会長(中央)ら

県北の中高生、初の無料招待

 「のべおか『第九』を歌う会」の今村愛子会長(77)ら3人が29日、延岡市内で記者会見し、年末に開催する34回目の演奏会ではソリストにドイツ人を迎え、ドイツとの交流をより深める方針であることなどを発表した。【勝野昭龍】

 今年は12月14日に延岡総合文化センター大ホールで開催。ベートーベン作曲「交響曲第9番『合唱付き』」を例年通り九州交響楽団の演奏に合わせてドイツ語で大合唱する。指揮は、桐朋学園大音楽学部卒で現在、仙台フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者の梅田俊明さん。合唱指導は柳田啓志さん。4人のソリストのうち1人を国内居住のドイツ人男性歌手に依頼。残り3人は公募してオーディ…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文759文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです