メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

米中麻薬摩擦の進展=坂東賢治

 <moku-go>

 四半世紀前の事だが、香港駐在時代、中国雲南省での取材から戻ると、米国総領事館の麻薬担当官から連絡が入った。世界有数のヘロイン生産地だったミャンマーに接した雲南省は麻薬の密輸ルート。現地の情報を聞きたいという要請だった。

 提供できるような情報はなかったが、会ってみて、中国当局の取り締まり強化でベトナムや海を経由した密輸が増えていることなどを知った。人や金をかけて麻薬の流入を防ごうとする麻薬消費大国の苦悩の一端をのぞけた。

 今の米国でヘロインなど伝統的麻薬以上に社会問題化しているのが、鎮痛剤として開発されたフェンタニルな…

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文994文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです