メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

米中麻薬摩擦の進展=坂東賢治

 <moku-go>

 四半世紀前の事だが、香港駐在時代、中国雲南省での取材から戻ると、米国総領事館の麻薬担当官から連絡が入った。世界有数のヘロイン生産地だったミャンマーに接した雲南省は麻薬の密輸ルート。現地の情報を聞きたいという要請だった。

 提供できるような情報はなかったが、会ってみて、中国当局の取り締まり強化でベトナムや海を経由した密輸が増えていることなどを知った。人や金をかけて麻薬の流入を防ごうとする麻薬消費大国の苦悩の一端をのぞけた。

 今の米国でヘロインなど伝統的麻薬以上に社会問題化しているのが、鎮痛剤として開発されたフェンタニルな…

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文994文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 男が逃走 大阪・吹田市
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  4. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に
  5. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです