メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

がんゲノム検査、保険適用 遺伝子解析し最適治療

 患者の遺伝情報(ゲノム)を治療に生かす「がんゲノム医療」を巡り、厚生労働相の諮問機関、中央社会保険医療協議会(中医協)が29日、がん関連遺伝子を調べる「遺伝子パネル検査」について公的医療保険の適用を了承した。来月1日から保険が使えるようになる。手術や化学療法などで改善しなかった患者にとって新しいがん治療の幕開けは福音だが、効果が見込める患者はまだわずかだ。不十分な診療体制や遺伝子差別への懸念など、課題も山積している。【酒井雅浩、御園生枝里】

 「できる治療が一つずつ減っていくことが不安だった。遺伝子パネル検査で新しい薬が見つかり、治療を受けることができてうれしい。効果が続けば生きていける」。肺がんの一種、肺腺がんを患った清水佳佑さん(37)=大津市=はこう言ってほほ笑んだ。

この記事は有料記事です。

残り2958文字(全文3299文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです