メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バングラデシュ

ダッカテロ関与、元准教授 過激派収容施設に移送?

 【ニューデリー松井聡、カイロ篠田航一】バングラデシュの首都ダッカで2016年に日本人7人を含む22人が死亡した飲食店襲撃テロ事件で、事件の実行犯らをイスラム過激派に勧誘した疑いがあるバングラ出身で日本国籍の立命館大元准教授が、イラクで拘束されていると報じられている。捜査の進展次第では、過激派ネットワークの実態解明につながる可能性もある。

 この元准教授は、モハンマド・サイフラ・オザキ容疑者。バングラメディアが今月、「イラク北部クルド人自…

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文762文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

  5. 全国最大規模のアリーナ、大阪府が整備へ 万博前の開業目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです