メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

北朝鮮ミサイル「気にならない」 発言が米でも批判

 【ワシントン高本耕太】北朝鮮による今月上旬の短距離弾道ミサイル発射を問題視しない考えを繰り返したトランプ米大統領=似顔絵=に、米国内から批判の声が上がっている。日本など同盟国との見解の相違だけでなく米政権内の対立も露呈させ、対北朝鮮政策をより困難にするとの指摘だ。トランプ氏寄りの報道姿勢が目立つ米FOXニュースや与党・共和党の議員も懸念を示している。

 トランプ氏は28日、4日間の日本訪問を終え帰国した。日本滞在中、トランプ氏は今月上旬に短距離弾道ミサイルを相次ぎ発射した北朝鮮の行動を「私は気にならない」とツイート。27日の日米首脳会談後の共同記者会見でも、安倍晋三首相が「国…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文728文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 経済悪化で待ち切れなかった首相の緊急事態解除 経済回復手探り、第2波の懸念

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです