メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

ロシア疑惑 現職大統領捜査に限界 モラー氏「起訴、選択肢なし」

 【ワシントン高本耕太】ロシアによる2016年米大統領選介入とトランプ陣営の癒着疑惑の捜査を指揮してきたモラー特別検察官は29日、司法省で記者会見し、捜査の終結を正式に表明した。

 捜査ではトランプ氏による司法妨害があったかどうかが焦点の一つだったが、モラー氏は司法省が現職大統領は起訴しないとの方針を定めているこ…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文390文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです