仏ルノー・FCA

日産、統合の影響見極め 3社会合で説明

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日産自動車、フランス自動車大手ルノー、三菱自動車の3社連合は29日、横浜市内で定例の首脳会合を開き、ルノーが欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)との経営統合交渉について説明した。統合による「4社連合」が実現すれば、資本関係や経営戦略に大きな変化をもたらすことが予想されるため、日産は交渉の行方を注視する構えだ。【小坂剛志、本橋敦子】

 3社は日産のカルロス・ゴーン前会長が金融商品取引法違反容疑などで逮捕された後、企業連合の運営方針を決める新会議体を発足。今回が2回目で、ルノーのジャンドミニク・スナール会長らが来日し、日産の西川広人社長、三菱自の益子修会長兼最高経営責任者(CEO)らと会談した。出席者によると、スナール氏はFCAとの統合について「サポートしてほしい」と要請したという。3社は終了後「オープンで透明性のある議論を行っ…

この記事は有料記事です。

残り1050文字(全文1432文字)

あわせて読みたい

注目の特集